So-net無料ブログ作成
検索選択

エコセメント化施設周辺の放射線量 2014年7月 [調査レポート]

たまあじさいの会は東京都日の出町の二ツ塚ごみ処分場周辺定点の空間線量を毎月測定しています。各ポイントに於ける2014年1月から7月までの測定値は次の表のとおりです。

エコセメント化施設周辺の測定ポイント.gif

2014年1月から7月までの測定値.gif

コメント;

各ルートについて1月から7月までの放射線量(地上5㎝)の平均値をグラフ化(下)しました。データから考えられることは、2月の大雪の後から下がり、6月まではわずかな低下傾向を示したが、7月になって上昇している (調整池下は吐水口からの水が線量を極端に下げた)。

また、周辺自治体の計測データと比較すると、全体的に線量は高い、つまり7月に線量の上昇傾向にあった自治体はない。

このことから、エコセメント化施設が高線量の関与していることは否定できないと思える。(安藤)

2014.7まで月別平均.gif

エコセメント工場周辺の放射線量測定 2014年6月 [調査レポート]

日の出町二ツ塚ゴミ処分場内にあるエコセメント工場の排気ガスによる環境汚染を定期的に観測しています。

環境放射線量は自然減衰の状況にはなく、逆に工場からの汚染が加わることによる増加が認められます。工場から排出されているのは福島原発事故由来の放射線ばかりではありません。ゴミ焼却灰に含まれた重金属やダイオキシン類も別途測定しています。

2014.04.16 放射線量 2011.09-2012.04.jpg
定点放射線量調査2014.6.png

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。